おしるこ

おしるこのように温かく包みます

カーテンで断熱効果を高める!

寒い冬がやって来ましたね。

毎日家の中に閉じこもっていたいですが、
1日ずっと家にいるとそれだけ暖房器具を使わなければならず、
電気代が気になるところです。

ですからなるべく省電力で部屋を暖める工夫をしたいところですが、
みなさんどんな対策をされていますか?

寒い部屋を暖めるなら、
当然エアコンやストーブを使われると思いますが、
それだけで満足していませんか?

部屋の中の空気を暖房器具で一生懸命暖めても、
その熱が逃げるような場所が残っていたら、せっかくの暖房効果も台無しです。

そんな「熱が逃げる場所」とは部屋の窓です。

ガラスはとても熱伝導率が高い物質。

つまり熱がとても伝わりやすいため、外の温度を室内に伝えやすいんです。

ですからせっかく部屋の空気を暖めても
ガラスを通じて室内の温度は下げられてしまいます。

そこでガラスによる室温の低下を防止してくれるのがカーテン。
カーテンというと外から部屋が丸見えになるのを防ぎ、
太陽や外の光を遮ることを目的に利用されますが、それだけはなかったのです。

カーテンがあることで、部屋の中の暖かい空気が逃げるのを阻止し、
逆に外から入ってくる冷気を左段してくれるのです。

そしてさらにカーテンの選び方・使い方次第では、
さらにこの断熱効果をアップさせ、効率的に部屋を暖めることができるようになります。

■カーテンの断熱効果を高めるポイント
(1)窓全体を覆う
カーテンは窓全体をすっぽり覆うほどの大きめなものを選びましょう。
また冷気は重く下に向かいますので、
丈の短いカーテンだと冷気の侵入を防げない場合があります。
なるべく床ぎりぎりになるように設置するとよいでしょう。

(2)厚地とレースの2枚構造
カーテンは厚地とレースの2枚構造にすることで、
窓との間に2重の空気の層が形成されます。
この空気の層を2つつくることで、冷気の侵入を2重に防ぐことができます。

(3)昼は開けて夜は閉める
晴れている昼間はカーテンを開けて、太陽光で部屋を暖めておきましょう。
逆に曇りの日や寒冷地では昼間でもカーテンを閉めておいたほうがいいかもしれません。
(防犯上の問題は別に考慮が必要です)

月, 12月 26 2011 » 日記